スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ賞展の逸​話

20130217

大きなキャンバスに描かれた木目、今にも動き出しそうなカブトムシやクワガタ虫が、
ある一定の間隔で描かれています。そしてその空間を意味をもって隔てるかのようにガムテープが数本。
作者は佐藤俊貴、現在倉敷芸術科学大学芸術学部4年生。
20130216slicesato01.jpg
彼が受賞した「第14回 雪梁舎フィレンツェ賞展」図録の中で二名の審査員が彼の名前をあげ評価をしています。
その中の1人の審査員が「その細密描写で注目を引いたが、テープの使用はあまりにも無造作に過ぎる」と感想を述べられています。その真意の程はわかりませんが、描かれたテープを本物ののテープがキャンバスに貼られていると評価してしまわれたのではないかと思われたのではないでしょうか?
20130216slicesato02.jpg
もし、審査員の先生がそのテープが佐藤さんが丁寧にそして細密に描かれた絵のテープだと気付いていたら、彼の受賞はもっと違ったものになっていたのではないかと思いました。そのことを佐藤さんに尋ねると「その事について問い合わせも確認もするつもりはありません。感想を下さった審査員の先生の言葉を励みにしてもっと良い作品を制作して行きたいです」
20130216slicesato03.jpg
そう、絵画展の審査員方ですら見間違ったてしまったかもしれない彼の細密画。
その審査員の言葉こそ素晴しい彼への評価、受賞かもしれません。
この春、佐藤俊貴さんは大学を卒業し就職予定し、画業に専念出来る環境を整えるとのこです。

そんな日本の絵画界注目のアーティスト佐藤俊貴さん学生最後の個展
「佐藤 俊貴Slice-composition 油絵展」は石川県加賀市山代温泉の
Gallery PANNONICAにて3/3まで開催しています。是非、ご来場下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

nica

Author:nica
加賀市山代温泉に2010年秋にオープンいたしました、ギャラリーパノニカです。宜しくお願い致します。

日常の中に潤いを感じていただき、楽しんでいただける展示会をご提供させていただきます。

企画展の他、レンタル、音楽会等にも対応可能なギャラリーになります。
落ち着いたカフェとバーが併設されますのでゆったりとした空間で展示会をお楽しみ戴けます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。